カテゴリー別アーカイブ: 荻窪店

八百屋のくらし塾 今年のスケジュールが出来ました♪

 

 

 

「八百屋のくらし塾」では、日本人が昔から受け継いできた伝統食や

保存食を楽しく学べます!

先人のくらしの知恵を是非、次世代にも伝えていきませんか。

予約制となっておりますので下記の予定表をご覧のうえ、

お店のスタッフまでお申し込みください。

ご希望の方には元カフェ・グルッペのスタッフが作る美味しいお弁当もご用意致しますので、

ご予約の際にお申しつけ下さいませ。

講座が始まる前に会場でお召し上がり頂きます。

 

 

1回目 2月10日  味噌作り

カビない味噌の作り方を紹介します。きっちりフタをすることでカビが付かないことが特徴です。また、寒仕込みは、麹が徐々に発酵していきじっくりと味噌ができあがるため美味しいですよ。一度仕込んだら熟成するまでそのまま開けずに待ちます。

今回は、麦麹で味噌を仕込み、グルッペで保存しておきます。11月頃できる予定なのでその後、各料理教室でお披露目いたします。*仕込んだ味噌のお持ち帰りはありません。どうぞ、ご了承ください。

 

 

2回目 6月9日  梅干し作り

梅干しは自分で漬けると愛おしく感じるし、とても美味しくできあがります。昔から「梅はその日の難逃れ」ということわざで表すほど、朝に梅干しを食べておくと良いとされてきました。でもそのいわれは?などのお話しもあって面白い講座内容となっております。

今回は、塩分控えめ、冷蔵庫で保存して漬ける梅干しの漬け方を実習します。また、梅干しを使った料理の紹介や試食も少しあります。事前に漬けこんだカリカリ小梅の試食も予定しています。

 

 

3回目 9月8日  麹の使い方いろいろ

麹は昔からいろいろなものに使われてきました。味噌・醤油・酒・漬物など多岐にわたります。

日本は、世界でも類をみないくらいの発酵食文化を持っていて現在では他の国々も注目しているようですね。この機会に是非作ってみませんか。自家製はとても美味しいです。

今回は、塩麹と醬油麴の実習をして、それらを使った料理の試食も少しあります。

 

 

 

*日時    年3回 2/10、6/9、9/8(いずれも金曜日)  午後1時〜3時

              (お弁当ご希望の方は12時半頃にお越し下さい)

*持ち物    筆記用具、必要に応じてエプロン

*参加費   1500円(お弁当は+870円、消費税込み)

*定員     12名 お電話にて必ずご予約を 担当、浜口、月田 電話03-3398-7427

*講師   羽多としえ (やおやの料理教室、薬膳料理教室、薬膳食養講座 講師)

*場所    グルッペ荻窪店3階

プチ薬膳料理教室 スケジュールが出来ました♪

 

ちょっとだけ薬膳料理を習いたい方におすすめの教室です。

旬の食材を使って短時間でできる料理2品と季節の薬茶を実習します。

薬膳の意味や身体と食べ物の関連などを知ることで、

自分自身のこともわかるきっかけになるかもしれません。

教室では、薬膳の基本である陰陽説・五行説も説明しますが、

初めての方はできれば同日の11時から行う薬膳食養講座も受講されると、

より理解しやすいと思います。

*連続受講される方は、薬膳食養講座と料理教室の間に1時間ありますので、

この間に休憩をお取りいただきます。

 

全10回を予定しており、後半5回分の予定表をお知らせいたしますが、

食材の都合などにより変更する場合もあることをご了承いただきますようお願い致します。

開催日は、第一日曜日か第二日曜日になりますので、ご確認のうえご参加ください。

 

日にち 薬茶 メニュー
2月5日(日) 金柑茶 アサリと生姜の炊き込みご飯ほうれん草と枸杞子のクルミ味噌和え
3月5日(日) 大棗竜眼茶 柑橘酢のちらし寿司菜花のウコン漬け
4月2日(日) 陳皮紅茶 マグロの香り漬け丼筍とワカメの酢味噌和え
5月7日(日) 決明子茶 よもぎ白玉団子の塩ぜんざい アスパラと豆野菜のサラダ・五味子酢ドレッシング和え
6月4日(日) ドクダミ茶 汁なし担々麺ハト麦とアオサのスープ

 

*時間   13:30~15:30

*場所   グルッペ荻窪店3階

*参加費  3500円(1回分)(食材、レシピ込み)

*持ち物  エプロン、三角巾、筆記用具、タッパー

*定員   7名 *最少催行2名

*講師   羽多寿永 国際中医薬膳師、リマクッキング師範

 

*申し込み方法  グルッペ荻窪店 浜口 月田宛て 電話03-3398-7427

1月 やおやの料理教室のお知らせ♬

 

 

新しい年を迎えて、やおやの料理教室は今年も継続して参ります。
皆様よろしくお願いします。今年は参加者さんからのご希望で、
常備菜をテーマにメニューを組み立てて実習いたします。
合わせて乾物の使い方も紹介しますのでお楽しみに!
1月はきんぴらごぼうですが、マクロビオティックの基本食で
体を整えてくれる常備菜です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

*日時 ‘17、1月 21日(土)22日(日) 10:30~14:00
定員5~7名ほどなので2日間に分けて開催するため、お申し込みの際にご希望の日にちをお知らせください。
お申し込みの先着順とさせていただきますのでご了承ください。
*会場 グルッペ荻窪店3階  電話03-3398-7427
*参加費 4,000円(試食・レシピ・講習会費含む)
*持ち物 エプロン・三角巾・タッパー

 

 

*メニュー
・黄金玄米粥        玄米をお粥に炊き、カボチャを加えて黄金色に
・きんぴらごぼう      じっくり煮込んでやわらかくし、醤油のみで味付け
・大根と春菊の簡単白和え  豆腐の水切りはさっと、白練りごまも加えて衣に
・干し柿団子のぜんざい  干し柿を刻み白玉粉に混ぜてお団子に、ぜんざいと共に
・お楽しみのもう一品      旬の野菜でもう一品

 

 

*講師 羽多寿永(はたとしえ)   1961年生まれ、東京都在住。
穀物とオーガニックの旬野菜を使った料理教室を毎月開催。
国際中医薬膳師、リマクッキングスクール師範科卒、正食医学講座終了、認定心理士。

*講師から一言
今の自分自身を見つめることで何を食べたらよいのかがわかってきます。そして、それは人と違ってあたりまえ、まずは自分自身を知ることから始めてみませんか。

 

 

 

*羽多のホームページです。 ナチュラルキッチンラボ http://natural-k-lab.jimdo.com/

 

 

 

<お申込み・お問い合わせ>
グルッペ荻窪店 浜口店長・月田     03-3398-7427
吉祥寺店 井田文子        0422-20-8839

12月 やおやの料理教室のお知らせ♪

暮れの慌ただしい中でも体調を崩さず万全に!

 

明日の料理教室に若干の空きがございます♪

 

今年もあとわずかになり、何となく気ぜわしい時期ではありますが、ご飯をしっかり食べて体調を整えてくださいませ。今回は酒粕をアレンジしてみます。酒粕と言えば粕汁かな?と思い浮かべるでしょうが、他にもいろいろな料理に使ってみました。酒粕は身体も温めてくれる食材なので、冬はたくさん使ってみたいものですね。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

*日時 12月 10日(土) 10:30~14:00 

 11日(日)は定員に達しましたので、受付は終了となっております。

*会場 グルッペ荻窪店3階  電話03-3398-7427               

*参加費 4,000円(試食・レシピ・講習会費含む)

*持ち物 エプロン・三角巾・タッパー

*メニュー

・酒粕入りクリームグラタン   ホワイトソースに酒粕を加えコクのあるソースに

・かぶとふのりのスープ     ふのりのとろみとかぶの甘さが美味しいスープ

・ブロッコリーとビーツのサラダ・酒粕ドレッシング 色鮮やかなサラダを酒粕ドレッシングで

・酒粕クッキー         酒粕入りクッキー、おやつにお酒のお供に

・お楽しみのもう一品      旬の野菜でもう一品

*講師 羽多寿永(はたとしえ)   1961年生まれ、東京都在住。

穀物とオーガニックの旬野菜を使った料理教室を毎月開催。

国際中医薬膳師、リマクッキングスクール師範科卒、正食医学講座終了、認定心理士。

 

 

*講師から一言

今の自分自身を見つめることで何を食べたらよいのかがわかってきます。そして、それは人と

違ってあたりまえ、まずは自分自身を知ることから始めてみませんか。

 

 

*羽多のホームページです。 ナチュラルキッチンラボ http://natural-k-lab.jimdo.com/

 

 

<お申込み・お問い合わせ>

グルッペ荻窪店 浜口店長・月田     03-3398-7427

吉祥寺店 井田文子        0422-20-8839

八百屋のくらし塾のお知らせ!

〜白菜漬け〜

白菜漬けの作り方と味噌料理

漬物は古来より、野菜の保存に適しているだけでなく

その発酵の力で私たちの身体を支えてくれました。

この伝統を皆さんで分かち合いたいものです。

そこで今回は、冬になると甘く美味しくなる白菜を使った漬物を紹介します。

 

白菜の浅漬けはよく作られるでしょうが、

しっかり重しをした漬物はなかなか作る機会がないかと思われます。

白菜漬けは塩加減が大事、初めから適当に塩をしてもうまくいかないことが多いので

やはり白菜の重さのパーセンテージを計って漬けたほうがうまくできます。

また、白菜漬けは何個も大きな樽で作るイメージがありますが、

現代の家族構成や置き場所を考慮すると

少ない量で作れることが嬉しいですよね。

そこで、白菜1個を樽なしで作れる方法を実習します。

当日は、先生が事前に漬けた白菜をご試食いただきます。

さらに、今年の1月に仕込んだ味噌ができていますので

味噌開けをして皆さんで試食してみましょう。

味噌レシピもいくつか紹介いたします。

皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

 

*日時  11月 16日(水)午後1時〜3時

*筆記用具、エプロン、タッパー

*参加費 1500円

*定員   12名(ご予約を03-3398-7427)

*講師   羽多寿永 (やおやの料理教室、薬膳講座講師)

*場所    グルッペ荻窪店3階

詳しくは荻窪店、月田・浜口まで